私の想い

私、下條進は、20年間にわたってカイロプラクティックによる治療に
携わってきた治療家です。開業した治療院は地域の方の支持をいただき、年収でいえば千数百万程度の仕事をさせていただいておりました。カイロの世界では、一応オーソリティと認められる治療家のひとりとして小さな成功を収めていたと思います。

自分の腕にも自信があったし、この仕事に誇りを持っていました。
私は、カイロプラクターという職業が大好きでした。


しかし、

私はとても悩んでいました。


一つは体力的な問題です。
昼食も取らず、一人で20人の施術が終わる頃には、
着替えることもつらいもほど疲れ果てていました。

「このままでは自分の体が壊れてしまう・・・」

数年前からそんなことを真剣に悩んでいました。


もう一つは施術効果の問題です。
長く開業していると、どこに行っても治らないという重症な方がどんどん増えてきます。すると、今までの技術だけでは自分も患者さんも納得のいく効果が出せなくなってきました。

「折角私を頼って来てくれたのに、何もしてあげられない・・・」

「もっと患者さんの身体に優しく、効果の高い治療法はないだろうか・・・」

打開策を真剣に模索していました。
いろんな本を読み漁り、セミナーにも多数参加しました。
治療効果が高いと言われる治療法を勉強し取り入れました。
確かに治療効果は上がりましたが、治療時間が長くかかって
しまう為、たくさんの患者さんには対応できませんでした・・・。
 
「まったく新しいやり方に変えなければ自分に未来はない・・・」

そんなジレンマに陥っていた頃、小森先生の著作に出会いました。
「患者さんのからだを短時間、軽くなでたり揺すったりするだけで
 直してしまう”からだのリセット療法”!!」

長年探し求めていた治療法はこれだ! と直感した私は、
すぐに、「APP法スクーリング」を受講しました。

私は素直に「これは凄い!!」と驚く一方で、
20年学んできた治療の常識を根底から覆してしまうような
「驚きの手法と感動の治療結果」に今までの自分を否定されたようなとても惨めな気持にもなっていました・・・。

私は20年をかけて、一体何を勉強してきたのだろう・・・。

そして、これまで行ってきたカイロプラクティックの手法をすべて止め、「リセット療法」一本に切り換え、新しい船出に賭けたのです。


手法の切り換えは大成功でした。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。